財団の理念

当財団は『日本(人)的M&Aの創造』を実践することで、①各業界の再編成を加速させ、②「文化」と「歴史」と「雇用」と「技術」を次世代に繋ぐ事に寄与し、③日本とアジアの架け橋となるという3つのテーマを実現します。その為に、経営に携わる各ジャンルのスペシャリストが集い設立いたしました(詳細はM&A財団構想参照)。

M&Aへの理解を深め、マーケットを創造し、日本経済の発展へ貢献すること

構想実現の『鍵』は、日本の隅々まで行きとどいている私達会計人のネットワークを活用し、全ての中小企業の情報を集約しうるか否か、更にその情報を知恵へと転換する事ができるか否かであります。

M&Aに踏み切った経営者のほとんどが、顧問税理士にM&Aの相談をしておりません。理由は「過去に相談したら反対された」「税理士に相談する内容ではない」という回答です。この現実は我々会計人が心から恥ずべき事態です。

さて、目の前の1件の顧問先とその地域を守る為に、今私達に何ができるのか?一事務所の限界を超えて、会計業界がどのような責任を果たすべきなのか?そのテーマと、私達が真剣に議論することが、業界への恩返しとなり、事務所を長く支えてくださった顧問先への恩返しになります。

是非、この趣旨にご賛同いただく多くの先生方と共に、日本の新たな未来を描く事に挑戦していきたいと思います。

活動内容を見る

会社概要

一般財団法人日本的M&A推進財団の会社概要です。当財団へのお問い合わせはこちらのフォームをご利用いただけます。

名称 一般財団法人日本的M&A推進財団
(旧称:一般財団法人 M&Aで日本を再編成する会)
設立 平成26年5月1日
所在地 福岡県福岡市中央区天神3丁目1番1号フタタ・ザ・フラッグ8F
連絡先 092-714-5101
(株式会社楠本統合戦略マネージメント)
主な事業内容

後継者の不在により存続が困難となった又は困難となる虞のある
中小企業その他事業者の事業継続の支援を通じて、
我が国の産業基盤の維持及び発展に寄与し、
もって公正かつ自由な経済活動の機会の確保及び促進並びに
その活性化による国民生活の安全向上に資することを目的とする。
以下の各号に関する調査、資料収集、研修会・セミナー・シンポジウムの開催、
相談、助言及び情報提供

(1)事業継承並びに企業間の合併、業務提携、事業の譲渡及び譲受
(2)企業経営、企業戦略及び企業の経営再建・再生
(3)日本企業の海外進出並びに海外進出企業の事業運営及び戦略の立案
(4)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
財団組織図 組織図

理事・運営メンバー

理事

楠本 浩之

税理士法人統合経営システムパートナー 代表社員
アジア士業共同体(ASPO) 代表
一般財団法人日本的M&A推進財団 代表理事

村井 香苗(むらいかなえ)

ゆたか税理士法人 副代表・税理士
一般財団法人日本的M&A推進財団 理事

渡辺 拓(わたなべ ひろむ)

鳥飼総合法律事務所 パートナー弁護士
一般財団法人日本的M&A推進財団 理事

森田 良彦

プラス事務所司法書士法人 パートナー司法書士
一般財団法人日本的M&A推進財団 理事

白川 正芳

株式会社楠本浩総合会計事務所 代表取締役
一般財団法人B/S経営をすすめる会 監事
一般財団法人日本的M&A推進財団 理事

ページトップへ